東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

今回紹介する本は
「はじめてのワイナリー」
(蓮見よしあき著 左右社)

はじめてのワイナリー はすみふぁーむの設計と計算

       蓮見よしあき 左右社 2017-07-07
       売り上げランキング : 3586
                                                            by ヨメレバ

ワイナリーをゼロから始めた著者の
起業日記みたいな内容の本である。


といいつつも、起業とは何なのか、
どうやって事業を軌道に乗せてきたのか
詳細にかかれている本。


もしあなたがこれから起業するのであれば
ぜひ手にとって読んでほしい本である。
起業することにジャンルは問わないもの
だから・・・


はじめてのワイナリー これから起業したい方は事業を問わず読む本


著者の起業に対する思いが熱く語られている内容

これから起業する方は、どうやったら
自分のやりたい事業を軌道に乗せることが
出来るのか、悩んでいるだろう。


著者も、全くゼロからワイナリーを始め、
ぶどうの栽培、醸造、販売まで行っている
やり手の経営者である。


しかもすごいところは、全く縁もゆかりも
ないところからワイナリーを始めている
ところ。
事業化するまで本当に苦労していることが
この本を読んで垣間見える。


実はこういう苦労の部分があなたが
独立・起業して役に立つ部分なのである。


「はじめてのワイナリー」と本の題名は
付いているが、これから独立して事業を
やりたい方は成功する起業のヒントが
この本に隠されているだろう。


あなたが事業をするジャンルを問わず
ぜひ読んでもらいたい


開業しても事業資金が・・・資金調達方法が赤裸々に!

私も司法書士・行政書士で会社設立を
支援している立場から、興味をもって
読んだ部分がある。


それは
「出資の方法をどうしたのか」
という部分。


株主として出資してもらったり、金融機関
から融資を受けたり、あらゆる方法を駆使
して資金調達しているが、どのように調達
したかを著者の経験から詳しく書いている。


特に印象に残ったのは、補助金・助成金の活用


助成金をただ貰おうと思っているのでは
なく、社会貢献のために使っていこうと
する著者の思いを強く感じた。


その部分を引用する。

行政からの補助金に関しては「ギブアンドテイク」だと思っています。補助金を活用して事業を拡大して、その後社会貢献できる会社に育てていく。
(中略)
事業体として納税額を増やしていければ、各種助成金もより意義のあるものになっていくのではないでしょうか。
(72頁より抜粋)


これから起業する方は、助成金・補助金の
活用は自分の事業のためでなく、社会貢献
のために使うのだと意識してほしい。


上記引用部分が強く印象に残った。


あと、会社をより良く知ってもらうために
様々な媒体・SNSを活用して販路を広げて
いる姿もこの本で紹介されている。


これから起業される方には事業を軌道に
乗せるためのバイブル的な内容になっている。

※写真は出版記念パーティーの際に著者の蓮見よしあきさんと!

まとめ

「はじめてのワイナリー」
起業する方にはぜひ読んでほしい本。
実際に体験している著者だからこそ
起業に関して書ける内容だから。


私も、資金調達の部分は勉強になったし、
こうすればいいのかとお客様にも提案
できるものであった。


「ワイナリー」の難しさも感じつつ
起業の難しさも感じ、その上で達成した
喜びも感じ取れるものだった。

はじめてのワイナリー はすみふぁーむの設計と計算

       蓮見よしあき 左右社 2017-07-07
       売り上げランキング : 3586
                                                            by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須