東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


2017年8冊目、今回紹介する本は、
『世界No.1営業マンが教えるやっては
いけない51のこと』

(財津優著 明日香出版)

世界No.1営業マンが教える やってはいけない51のこと (アスカビジネス)

財津 優 明日香出版社 2017-03-14
売り上げランキング : 1294
by ヨメレバ


はじめに


最初にタイトルと見出しを読んだとき、
「著者だからNo.1取れる能力があるので
はないか?」
と思っていた。


しかし、最後の方までじっくり読んて
いくと、これに気づけば誰でも売上を
アップできることが分かる本である。


営業力アップに関する内容であるが
一つ一つの項目を読んでいくと、奥が
深い本であると思った。


営業職についている人がなかなか
成績が上がらないと思ったら、
ぜひ手にとって読んでほしい本である。


本書の構成


構成は以下のとおり

第1章 短時間で効率的に稼ぐ
第2章 No.1営業マンの稼げる秘訣
第3章 契約が取れる営業トーク
第4章 売れる営業マンの考え方
第5章 将来に差がつく自己研鑽
第6章 決して忘れてはいけない!営業マンの心得


出来ない営業マンは読書や勉強はしていない?


本書のはしがきにこんな記述が!

売れない営業マンは読書などしません。
会社以外で勉強しません。


本当なんだろうかと思って、最後まで
読んでみた。


なるほど、この本で著者がNo.1営業マンで
ある理由が分かった。


随所に本の引用がされていること、
積極的に交流会に出て勉強していること
この本を読んで垣間見えた。


自己研鑽しながら、自分の営業のスタイル
を確立してトップに立っている著者だから
こそ説得力のある内容である



営業の非常識が実は売上アップの秘訣?


「何のために営業をするのか?」


そこに気づけば営業成績がアップすると
この本を読んで感じた。


実は営業は自分本位ではなく、相手が
あってはじめて成り立つものを意識
することが大事ではないか?
ゆえに自分から売り込みに行ったって
結果は見えているとこの本で思った。


この本で、ある意味非常識と思われる
内容で本当にこんなので売上げアップ
できるのかと疑問に思った。


でも、営業は自分の勝手な思い込みで
これをやれば成約取れると思ってたが、
実は逆で、かえって売上はダウンする
もしくは売上が上がっても、自分に
しっぺ返しが来てしまうと感じた。


営業の非常識とは実は相手の立場を考え
ながら営業をすることで、
自分たちのことしか考えない営業活動では
ないのかと思った。

 

この本を読んで学んでみたいこと


私の仕事でも、よく見積もりを要求される
ことがある。


ついつい、お客様の顔色を考えて見積もり
を作ってしまう。


しかし、この一節はなるほどと思った

「価格が高いから購入は厳しい」と
言われても、最初から最安値を提示しては
いけません!(53頁より引用)

一度、見積もりを提出しても、お客様は
コストダウン要求してくると考えて、
余力のある見積もりを出しましょう。
(54頁より引用)


結局安くやっても、お客様がわがまま
いってかえって費用倒れになることもある。


そう考えるのであれば、多少気持ち高く
やってもいいのではないかと感じた。


自分も生活がかかっているのだから・・・



まとめ


最初は非常識な内容を書いているなと
感じたが、読んでいくと実は当たり前の
ことばかり書いてあることに気づく。


実はこれが営業の常識と思われている
こともよくよく考えると常識ではないと
いうことがこの本を読んでよくわかった。


「営業の常識を疑え」というのが
感じ取れた内容だった。


私も営業をすることがあるが、
非常に参考になる本であった。


営業で売上が上がらないと悩んでいる
あなた。


最初の冒頭の人になりたくなければ、
すぐにこの本を読んで、No.1の営業スキル
を盗んでほしい。


 

世界No.1営業マンが教える やってはいけない51のこと (アスカビジネス)

財津 優 明日香出版社 2017-03-14
売り上げランキング : 1294
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須