東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


商号は「会社の顔」


だから、しっかり決めておかないと
行けません。


自分の子供に名前をつけるくらいに重要
ですから・・・・


ただ、おもしろいデータもでています。


今回は「商号」について、詳しく見て
いきます。



会社設立 商号 会社の顔となるものだから・・・


商号についてざっくり説明
 

商号は会社設立の際の定款の絶対的記載
事項であり、登記事項です。


なので、商号を決めておかないと
何もできません。


これは、株式会社であろうが合同会社で
あろうが変わりません。


商号のルールについては

  • 同一本店所在場所における同一商号の登記の禁止
  • ローマ字・アラビア文字・符号の使用も可

があります。


ただ、商号で使える文字については細かい注意点が
あります。

 

かっこいいからとかで商号を決めない


商号を決める上で大事なのは、
自分の会社の企業理念や経営理念と
マッチしているかどうか

ということ。


会社を設立する際、自分がこういう事業を
したいからという思い入れがないと
うまく行きません。


それが企業理念経営理念につながって
くるのです。


あなたの熱い思いを商号に出さないと
あなたの会社をアピールすることが
できません。


かっこいいからとか経営理念から
かけ離れた商号は相手には全く伝わらない
ことを理解してください。


商号にこだわることは大事だが・・・


経営理念のもとに商号を決めることが
大事で、その部分にはあなたのこだわりを
もってほしいです。


商号を決める際、ちょっと気にしておくと
いいかもしれない記事を上げておきます。


経営が行き詰まる会社の商号の統計を
公表した資料があります。

ア・シ・タ・サ・フ? これは要注意の会社です(Yahooニュースより)

 

ただ、あくまでも統計なので参考程度に。


大事なのは先程から書いていますが、
経営理念につながる愛着のある商号を
決めること
です。

まとめ


商号は「会社の顔」


なので、決める際も時間をかけて
じっくり考慮することが大事です。


企業理念・経営理念なしの商号は
意味がないものですから・・・

今回は
『会社設立 商号 会社の顔となるもの
だから・・・』

に関する内容でした。


参考書籍

商業登記ハンドブック〔第3版〕

松井 信憲 商事法務 2015-05-20
売り上げランキング : 28927
by ヨメレバ

 

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須