東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は相続に関するお話。


最近「相続」に関してブログを書いて
いるとどうもこれからの時代、様々な
問題が出てくると思っています。


特に子供世代の方にしわ寄せがでてくる
問題が多い・・・


あらかじめ相続対策を講じないと、
次世代(子供世代)の方に迷惑になる

そんな気がします。



「事業承継」「空き家」「相続税」~これからの相続問題はより複雑化するかも?


事業承継~誰に継がせるかで問題勃発


私も「きりチャンネル」でお話しましたが、
これから個人で起業される方が増えると
読んでいます。


その上で、法人化する方も増えるでしょう。


個人事業主の場合、事業を辞めたければ
廃業手続はややこしくありません。


もし負債が残っても、個人のものになる
ので、相続したくなければ相続放棄の
手続をすればいいでしょう。


しかし、法人化すると、法人と個人とは
別個の考えをする必要があります。


法人はずっと続くものだといういう
社会的位置づけがあるので、誰かに
継いでもらう必要があります。


もし、自分の代で終わらせるのであれば
会社だけでなく、周りの協力者にも
説明が必要です。


継がせたいのであれば、早めの承継対策が
必要で、その時に相続税・遺留分など
相続の問題がでてきます。


「相続」を契機として「経営承継対策」は
問題が出てくるでしょう。

 

「空き家問題」 誰が親の家に住むのか?


最近は核家族化が進み、子供も自分所有の
家を持つことが多くなりました。


そうなると、両親が住んでいた家は
どうするのかが問題になります。


ずっと放置しておくわけにもいかない
ですし、かと言って処分するにもお金が
かかる。


「空き家問題」も相続を契機として
問題が起きてきます。


相続税問題~自分の親が亡くなったらどれだけ払わないといけないのか?


相続税も相続を契機として起きやすい問題。


自分の親が亡くなったときに、
自分がいくら負担しないといけないのか、
自分の家計は大丈夫か、
心配になる方が多いです。


相続税対策を立てておかないと、
思わぬ出費となってしまう危険が
あります。


親はよくても子供にとっては
切実な問題です。


ここはいくら子供が思っても
親がしっかり考えないといけない
問題だと思います。

まとめ~「予防法務」として相続を考える


結局は「相続」が発生したときに
家族がバラバラになってしまっては
元も子もありません。


今まで仲が良かった家族が「相続」が
始まったばっかりに・・・


これは正直「相続」にならなければ
問題が表面化しないことにも原因が
あります。


あらかじめ予測しておくことで
争いを未然に防ぐ、予防法務の観点
から「相続」を考えることが
これからの時代大事です。


「事業承継」「空き家問題」「相続税」
はあくまでも例示で他にもあるということ
を意識されるといいでしょう。


これからの混沌した世の中、「相続」の
問題は複雑化しそうな気がするのは
私だけでしょうか?


今回は
『「事業承継」「空き家」「相続税」
~これからの相続問題はより複雑化する
かも?』
に関する内容でした。


参考書籍

知識ゼロからの会社の継ぎ方・事業承継入門

真部 敏巳,河合 保弘 幻冬舎 2015-08-27
売り上げランキング : 416584
by ヨメレバ
空き家にさせない!「実家信託」

杉谷 範子 日本法令 2016-12-08
売り上げランキング : 62426
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須