司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

江戸川区葛西駅前 会社設立専門司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の個人ブログ

Month: 1月 2017 (page 1 of 5)

外国会社の株主総会議事録等を添付するときは全てを翻訳する必要があるのか? 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の企業法務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は商業登記に関するお話。
ちょっとマニアック論点かもしれません。


読み物としてお楽しみください。


例えば外国会社の営業所設置の登記の
申請書に、外国語で作成された書面を
添付することもあるでしょう。


商業登記の申請書に外国語で作成された
書面がある場合、すべてを日本語に訳した
書面を併せて添付する必要があるか
悩ましい問題があります。


今回、法務省のホームページに記載された
「商業登記の申請書に添付される外国語で
作成された書面の翻訳について」
を参考に、株主総会議事録等の翻訳に
ついて書きました。

Continue reading

会社設立・起業~これからは「共感」を得られるかが大事! 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の会社設立日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は会社設立・起業に関するお話。


「クラウドファンディング」
について以前ブログで書きました。


その時ふと思ったのは、
これから起業される方で、資金調達を
考えている方は◯◯が大事ではないかと。


それは「共感」です。

Continue reading

銀座線新型車両の増備の裏で01系が2017年3月で引退・・・【江戸川区葛西司法書士・行政書士の鉄道日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


銀座線に新型車両1000系が登場して
かなりの数が増備されました。


最近では、昔の銀座線の車両をイメージ
した車両も登場しました。


その裏で、静かに幕を閉じようとする車両
があります。


それが銀座線の01系です。

Continue reading

クラウドファンディング~これからの時代の起業の資金調達になる? 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の会社設立日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は会社設立・起業に関するお話。


「クラウドファンディング」
この言葉、聞いたことがありますか?


最近の資金調達の一つの方法として
話題になっています。


比較的小規模な出資方法として
現在注目されています。

Continue reading

2017年4月東武スカイツリーライン等ダイヤ改正!快速・区間快速の行方は?【江戸川区葛西司法書士・行政書士の鉄道日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


2017年4月に東武新型特急「リバティ」が
登場します。


これに伴い4月21日より、東武スカイ
ツリーライン等がダイヤ改正となります。


今回は「リバティ」等特急をメインとした
ダイヤ改正の概要の発表でした。


通勤電車についてはダイヤ改正についての
概要は発表されていません。


その中で気になることを書いていきます。

Continue reading

シニア起業 会社設立する際リスクを考えていますか? 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の会社設立日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は会社設立・起業に関するお話。


最近は早期退職制度を利用したり、
定年後の余った時間を利用して、
シニア起業が流行っています。


税制面から法人化を考えている方も
多いでしょう。


しかし、会社を設立した以上、
社会的責任も伴うことをご存知ですか?


自分より多くの経験を有している方に
失礼になるかもしれませんが、
会社設立・起業する上で大事なことなので
書いていきます。

Continue reading

40歳になったから~これから「◯◯◯」を高めていく必要が・・・ 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


1月27日、40歳を迎えてしまいました。


事務所を開業してから、時が経つのが
結構早く感じます。


今回は、これから自分が頑張っていきたい
ところを含めて、書いていきます。


2017年正月に書いた内容とかぶるかも
しれませんが、ご覧いただければ
嬉しいです。

Continue reading

子供の立場から相続を考える~親から子への相続対策 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の相続日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は相続に関するお話。


「親よりも子供のほうが心配?~
最近の相続の相談を受けて」
というブログを先日書きました。


そうしたところ、
「子供が税金を払うから
やっぱり心配になる」

旨のコメントをいただきました。


子供が税金を払う立場になるから
きちんと相続対策を親が考えることが
本当に大事だということを親がもっと
意識すべきではないかと思うのです。

Continue reading

「事業承継」「空き家」「相続税」~これからの相続問題はより複雑化するかも? 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の相続日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は相続に関するお話。


最近「相続」に関してブログを書いて
いるとどうもこれからの時代、様々な
問題が出てくると思っています。


特に子供世代の方にしわ寄せがでてくる
問題が多い・・・


あらかじめ相続対策を講じないと、
次世代(子供世代)の方に迷惑になる

そんな気がします。



「事業承継」「空き家」「相続税」~これからの相続問題はより複雑化するかも?


事業承継~誰に継がせるかで問題勃発


私も「きりチャンネル」でお話しましたが、
これから個人で起業される方が増えると
読んでいます。


その上で、法人化する方も増えるでしょう。


個人事業主の場合、事業を辞めたければ
廃業手続はややこしくありません。


もし負債が残っても、個人のものになる
ので、相続したくなければ相続放棄の
手続をすればいいでしょう。


しかし、法人化すると、法人と個人とは
別個の考えをする必要があります。


法人はずっと続くものだといういう
社会的位置づけがあるので、誰かに
継いでもらう必要があります。


もし、自分の代で終わらせるのであれば
会社だけでなく、周りの協力者にも
説明が必要です。


継がせたいのであれば、早めの承継対策が
必要で、その時に相続税・遺留分など
相続の問題がでてきます。


「相続」を契機として「経営承継対策」は
問題が出てくるでしょう。

 

「空き家問題」 誰が親の家に住むのか?


最近は核家族化が進み、子供も自分所有の
家を持つことが多くなりました。


そうなると、両親が住んでいた家は
どうするのかが問題になります。


ずっと放置しておくわけにもいかない
ですし、かと言って処分するにもお金が
かかる。


「空き家問題」も相続を契機として
問題が起きてきます。


相続税問題~自分の親が亡くなったらどれだけ払わないといけないのか?


相続税も相続を契機として起きやすい問題。


自分の親が亡くなったときに、
自分がいくら負担しないといけないのか、
自分の家計は大丈夫か、
心配になる方が多いです。


相続税対策を立てておかないと、
思わぬ出費となってしまう危険が
あります。


親はよくても子供にとっては
切実な問題です。


ここはいくら子供が思っても
親がしっかり考えないといけない
問題だと思います。

まとめ~「予防法務」として相続を考える


結局は「相続」が発生したときに
家族がバラバラになってしまっては
元も子もありません。


今まで仲が良かった家族が「相続」が
始まったばっかりに・・・


これは正直「相続」にならなければ
問題が表面化しないことにも原因が
あります。


あらかじめ予測しておくことで
争いを未然に防ぐ、予防法務の観点
から「相続」を考えることが
これからの時代大事です。


「事業承継」「空き家問題」「相続税」
はあくまでも例示で他にもあるということ
を意識されるといいでしょう。


これからの混沌した世の中、「相続」の
問題は複雑化しそうな気がするのは
私だけでしょうか?


今回は
『「事業承継」「空き家」「相続税」
~これからの相続問題はより複雑化する
かも?』
に関する内容でした。


参考書籍

知識ゼロからの会社の継ぎ方・事業承継入門

真部 敏巳,河合 保弘 幻冬舎 2015-08-27
売り上げランキング : 416584
by ヨメレバ
空き家にさせない!「実家信託」

杉谷 範子 日本法令 2016-12-08
売り上げランキング : 62426
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

合同会社のトップは「代表取締役」と名乗ることはできますか? 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の企業法務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は合同会社の社長に関するお話。


以前「合同会社の代表者は「社長」と
名乗ることができるのか?」というブログ
を書きました。


会社である以上「社長」を名乗ることが
でき、一国一城の主となれることは
紹介しました。


ある方から
「合同会社「代表取締役」と名乗ることが
できるのか」
という質問を受けましたので、今回は
前回のブログの復習も兼ねて、紹介して
いきます。

Continue reading
Older posts