司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

江戸川区葛西駅前 会社設立専門司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の個人ブログ

Date: 2014年8月21日

年間報酬3000万円を超えが10年続くコンサルタントの教科書 | 司法書士行政書士の読書日記

写真 2014-08-21 19 31 12 今回紹介する本はこちら! 「<決定版>年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」 (和仁達也著 かんき出版)

★コンサルタントの内容を垣間見た本

この本を読んだ感想。 コンサルタントの仕事を垣間見れた。 本に書かれているようなやり方をすれば、 依頼者も納得するのかが分かった。 お互いの信頼関係を築きあげることが 大事なのだと・・・ 依頼者と一緒になって考えながら 解決していくことが大事だということを この本で教え手いただいた。 経営者の心理とコンサルタントの考え。 両者が一緒になって、お互いの理解の上で 成り立っているものだと感じた。

★自分も勉強しないといけない

コンサルタントは、より自分を磨く必要が あることを実感。 さまざまな角度から勉強をして 依頼者に役立つことを提供する必要が あることを学んだ。 納得できることをしなければ、 きっと依頼者も納得しない。 そのためにも自分をもっと磨く、 アンテナを張り巡らせる。 それが大事ではないかとこの本を読んで 感じた。

★「仕組み化」も大事

この本を読んでさらに感じたのは、 売れる仕組みを作り上げることが大事だと いうこと。 以前も紹介した「新・家元制度」のように 一つ基盤になるものを作れば、 あとは応用で何とかいける。 その仕組み化をいかに考えるかが コンサルタントとして大事なのかもしれない。  

★士業にも役立つ本

私は司法書士・行政書士である。 税理士や社労士と違い、 一度仕事が完了してしまうと、これで終わり ということが多い。 ただ、この本には、次の仕事につなげるための ヒントが隠されていた印象を受けた。 できるところから実践していきたい。

★まとめ

この本を読んで、そんなところまで書いてしまっていいの というような内容がある。 顧問契約の際の値段の交渉術とか 本来企業秘密にしたい内容だと思うが 包み隠さず書かれているのは魅力である。 コンサルトのみならず、様々な業種の方に 読んでもらいたい本である。  

Facebook等のSNSの使い方を考える | 司法書士行政書士きりがや日記

写真 2014-08-21 7 26 33

★Facebookなどこの本を読んでみました。

Facebookを使う目的は人それぞれ。 「あなた」はどのような目的で使っていますか? SNSを使うに当たっては、使う目的を きちんと考えるべきでしょう。 私の場合は、司法書士・行政書士でサービス業の 一面もあります。 そこで、ビジネスで使うこともあれば、 自分をもっと知ってもらいたい・・・ そのような意図で、個人ページでは、 なるべく包み隠さずに色々なことを書いています。 その使い方が正しいとは思いませんが、 Facebookをはじめ、SNSを使うに当たっては、 なぜ使うのかを意識したほうがいいでしょう。

★「挨拶おじさん」は嫌われる傾向に?

私がFacebookの個人投稿で「挨拶おじさん」は あまりいい印象を与えないということを書いたら 反響が大きかったです。 考えてほしいのです。 「あなた」が真面目な投稿を書いたときに コピペ投稿の挨拶や意味のないコメントがきたときの ことを・・・ 私個人的には、このひと私の投稿を読んでいない というのがバレバレです。 私はコピペ投稿や関係ないコメントをした方は 正直あまりつながりたくないと思っています。 一方、コメントした方はエッジランクを上げたい 一心で色々な方にコメントをしているようです。 私も別の方の投稿を読んで、コメントを見るのですが、 同じようなコメントをしている方を見かけます。 その人の投稿だけだと思ったら、別の人の投稿にも 同じコピペコメントをしています。 間違いなく、その人のブランディングは下がるでしょう。 意味がないのです。 最近多いのは、一部の文章だけ読んで、そこだけ感想書いて、 後残りはコピペ。 正直同じですよね・・・ まず、その方は、自分を犠牲にしてまで、 エッジランクを上げることに 執着しているのでしょう。 そういう人を私は奇妙に思ってしまいます。 「挨拶おじさん」は、嫌う人もいるということを 認識すべきだと思います。

★使い方は本当に人それぞれ・・・

使い方は人それぞれ。 でもビジネスの場面でも、最後はリアルで決まります。 SNSはそのつなぎ役としての役割を果たしているのでは ないでしょうか。 そうなると、使い方を間違えると、 大きな影響がでてしまう。 そのように思うのです。 今回の投稿は私の戒めでもあります。 Facebookをはじめ、SNSの使い方を見直し、 円滑にコミュニケーションをとることが 大事だと思うのですが、如何でしょうか。